AT_N's MEMO

AT_Nって人の雑記帳。ゲームの話が9割。

wargame european escalation メモ

ちょいとフレンドと軽い検証やった結果と、その後のトークのメモ

●ユニットのレベル調整の影響
>ATGM武装についてはレベルの補正はかからない?
→誘導式の武装全般に言える可能性?
→対象までの距離による命中精度の変化は未検証
→装填速度・照準速度はレベルに依らず一定?

>主砲・artyなどについては、着弾範囲=散布界の収束域が狭まる形で命中精度が上昇?
→捕捉として、ATGM武装と同じく装填・照準速度に目立つ変化は見られず。
→命中率の数字が何を基準に算出されるかは不明。

>ライフル歩兵はレベルを上げると対歩兵戦闘や対車両のロケットランチャーの命中度が上がるため、メリットを有する。
→ATGM歩兵やAA歩兵はその限りでない可能性があるので注意。
→StingerやIGLAのような非有線誘導方式の武装については不明。

よって、特定の誘導式武装の命中率は実際の命中率より高く表示されている可能性がある。
具体的にはATGM全般と、Blowpipe。
このあたりの検証はもっと細かくする必要があると思われる。

しかし、レベルを上げることが必ずしも有効とは限らなくなった。

●APダメージとHEダメージ
装甲を持っているユニットに対して、ユニット本体に命中した場合はダメージ計算式にはAPが、外れてユニットの周囲に着弾した場合はHEが適用されている?
装甲値は被攻撃ユニットの向いている方向を基準に算出。移動中は進行方向、攻撃中は攻撃方向が正面の扱い。
もし装甲値>>APなら、効果無しとして攻撃しない。
周囲に着弾した際はHEが適用され、これは範囲ダメージ(AOE)の扱い。
歩兵はこのAOEに対して致命的に弱く、特にこれが顕著になるのはHE3~のケース。
歩兵のアサルトライフルなどにHE2やHE3の武装があるが、内部的に扱いは異なっていると思われ、装甲ユニットに対しては有効な装備ではないと判断される。
装甲ユニットに対して、AOEダメージは有効なダメージを与えにくい。HE2以下だと無効?
HE3以上だと何らかの効果を期待でき、HE5や7であれば直撃でなくともダメージを蓄積させることも期待できる。
AP0なら装甲ユニットに対して直接攻撃は出来ないが、範囲ダメージを期待することは可能?
HE0なら歩兵に対して攻撃できない。

これらの性質から外れる例外的武装としては火炎放射。
AP0だが、T-80Uなどの重戦車相手でもダメージを蓄積可能(非常にゆっくりではある)、スタンも期待可能。