AT_N's MEMO

AT_Nって人の雑記帳。ゲームの話が9割。

Wargame:EE ユニットのレベルを上げる意味

●変わる点
コスト……レベル最大で初期レベルの2倍のコストがかかる。初期レベルから最大レベルまでのコストの増加の仕方は線形的。
命中精度……一部例外がある可能性があるが、基本的にレベルが高いと攻撃の命中精度が上昇する。自走砲、多連装ロケット車両については着弾域が狭まるので、より精密な支援攻撃が可能。他のユニットも同様に座標攻撃についても着弾域が狭まる。例外と思われるケースの例は、有線誘導式の武装。(大部分はATGM。歩兵はまた別かもしれないが、戦車については変化が見られず)
照準速度……これも確実にそうと言えるかどうか少し怪しいが、敵に狙いを定めて撃つまでの速度が上昇する。
士気の維持……攻撃を受けた際、レベルが高いと混乱しにくく、そしてその回復も早い。

●影響
破壊されたとき相手に与えるスコアが増大するというデメリットがまず重要。これを理解して運用しないことには、敵からすると良いカモである。
また、コストが上昇するということは、それだけ資源を消費しているということで、ユニット配備数に影響が出る。
しかし、上記の能力補正によって「少ない弾薬で」「確実に」敵ユニットを撃破することが可能であり、結果的に補給の節約が可能となる。

●戦略の構築が先
弾薬コストが重いユニットはレベル調整して出すと面白い。他には歩兵のレベル調整は、歩兵同士の戦闘において割と重要な決め手になったりもする。
これらユニットのレベルを前もって調整する、という手段は「戦術レベル」での話なので、このゲームにおいて重要な戦略が構築できてないと、あまり効果を出すことはできない。
逆に、しっかりと戦略を練った上でしっかり理由付けがされたレベル調整ユニットの配備は、恐らく敵側にとって脅威をなりうるだろう。