AT_N's MEMO

AT_Nって人の雑記帳。ゲームの話が9割。

Nami Support あれこれ

魔境民でNormalも大してやってない人のおぼえがき。
スキルメモとADCとの相性とか。

スキルセット

●パッシブ
Namiのスキルを味方に当てればそれが攻撃スキルであっても1.5秒間MSを大幅(40/45/50)に上昇させる。このスキルのお陰でNamiの各スキルは攻防一体となっている。基本的にはWとEで発動させて追撃・退却を支援。

●Q
Namiの奥の手。範囲は狭いがAoEスタンなのでそれだけ見れば非常に強いが安易に撃っていいスキルではない。弾速が遅いので睨みあいの状況下では当たらない。狙うのは「相手がNamiを視認していない状況」「相手/味方が最短距離で退却しなければならない状況」「何らかのCCスキルで相手の移動が阻害されている状況」等。
ある程度状況が固まってからカウンターとして撃つと当てやすい。相手がBlink持ちのMeleeだったりするなら、自分のいる位置に置いておくのも良い。
基本的には「後出し」で撃つほうが当てやすい。生当てができると状況が一気に好転する可能性を秘めている。これを当てられるかどうかで戦線の状況は大きく変わる。

●W
Namiの持つヒール兼対象指定攻撃スキル。ヒールとして使うぶんには性能は悪くない。ハラス用スキルとしては火力が心もとない。対象指定で敵にダメージを与え味方にヒール、というのがこのスキル1つで実現出来る。味方を指定すれば上手くいけばハラス1回ヒール2回、敵を指定すればハラス2回ヒール1回。ダメージ交換を有利に持っていきやすい。また追撃や退却時はMS増加させたい味方にとりあえず撃っておけば役に立つし、後ろの方にいても味方を経由することで攻撃可能だったりと非常に融通がきく便利スキル。
ただしクールダウンが短く連発できる割にNamiの最大マナに対するマナコストが各レベル帯で重く、連発してるとすぐにマナが無くなる。対策を立てるか、丁寧な使い方を心がけることが肝要。
パッシブ効果を活かしやすい。

●E
Passive効果のお陰でこのスキルの対象者はMS増加と通常攻撃に3回までの追加魔法ダメージとスロー効果を得る。地味だが非常に強力で、ハラス能力の高いADCと組んだ場合はとりあえずハラスに合わせて使っておくなり、逃げる相手への追撃用で近い味方チャンプに使っておくなりするとグッド。
Wと同様パッシブ効果を活かしやすい。このスキルをしっかり使っていけるかどうかがかなり重要。

●R
弾速は遅いが横に広い津波が長い距離を進み、味方はMS増加を受け、当たった敵は打ち上げられた後スロー効果を受けるので敵か味方のイニシエートに合わせて使うと状況を有利に持っていきやすい。自分から撃つ場合は味方に他のイニシエート能力の高いチャンプがいないと不発になりがち。
しかし弾道上を逃げると当たるし、横に逃げると味方が追いつく等と状況のコントロール力は滅法高い。
敵に当たった場合はQを相手の厄介なチャンプになるべく当てて(フォローに引き返すヤツとかも割と当たる)、味方にEで即席CC効果を与える事で敵を逃しにくくなる。
使い方さえ誤らなければ使い勝手は悪くとも非常に強力。


◆------------------◆
●RangedADCとの組み合わせ
大体どのADCと組んでも仕事ができるはず。相方を選ばないとも言えるか。他方相性が非常に良いチャンプがいる。
MF、Draven、Vayneあたりの攻勢に転じると強いチャンプがそれで、パッシブ+各種スキルで相手を逃さない立ち回りが可能。他にもCaitlynのような長射程チャンプはEを活かしやすく、良い組み合わせと言える。

●対面サポート
ThreshとかWukongみたいな物理で殴り倒す!みたいな連中が来ると相性は悪め。(それも先手を取られた時が特に)
Nami自身はSona程ではないにせよ柔らかめなので、攻撃的なサポートが対面に来ると辛い。
視界をしっかり取って、位置取りを慎重にする必要がある。

●ビルド
QスタートかWスタート。QスタートならLeashに参加する場合はBuffモンスターに当ててあげる事を忘れない。Wならjunglerにヒールをしてあげる。
QスタートならBushを先に押さえてQを当てやすい状況を作る。Wスタートならダメージ交換を有利に展開させてジリジリ状況を形作る。
スキルオーダーはLv3まででQWEかWQE、以降R>W=E>Qで上げていく。WとEの優先順位はレーンが勝っているならE上げ、押されているならW上げ。
Wをガン上げしない理由はマナコストアップによる息切れを招きやすくなるリスクを考えて。

アイテムビルドやルーン、マスタリーは自分の使いやすいものが一番であろう。warding・dewardingは欠かさないこと。
余裕があれば相手のwardをさした位置も報告するとなお良い。

●集団戦
Rの射程が長いので後ろのほうにいても貢献できる。チャンスだと感じたらR、逆に相手のイニシエートが見えたらR、基本的にはとにかくRのタイミングが全て。
あとは味方のCCに合わせてQを当てたり、逃げる相手を追撃する味方のためにEを使うなどを意識する。